新作チェック & ここだけの限定作品のチェックは!
美少女ゲーム 同人アダルトアニメ動画 50%offもあるぞ!

スマホ・PCで遊ぶには ⇒無料美少女ゲーム一挙に60ゲーム!で遊べます。

ChuSingura46+1 -忠臣蔵46+1- 武士の鼓動 (A samurai’s beat)【萌えゲーアワード2014 ファンディスク賞受賞】 美少女ゲーム レビュー・口コミ

ChuSingura46+1 -忠臣蔵46+1- 武士の鼓動 (A samurai’s beat)【萌えゲーアワード2014 ファンディスク賞受賞】

ChuSingura46+1 -忠臣蔵46+1- 武士の鼓動 (A samurai’s beat)【萌えゲーアワード2014 ファンディスク賞受賞】

非常に良い [ネタばれ] これはもうFDではなく正当な続編です。

まぁとにかく面白い!

FD扱いなのに本編並みのボリュームがあることによる読み応えもそうですが、

赤穂浪士が幕末に新撰組と対峙するという突飛な発想をこうも面白く書けるものなのかと脱帽しました。

原作をやった人は間違いなく買いですね!

ただ、欲を言えば新撰組のメンバーもヒロインに選べるルート、もしくはIFのストーリーを見てみたかったですね。

新撰組もとても魅力的なキャラばかりで気に入ったキャラもいたのですが、今作ではあくまで敵として描かれているので、もったいなかったなぁと。

ChuSingura46+1 -忠臣蔵46+1- 武士の鼓動 (A samurai’s beat)【萌えゲーアワード2014 ファンディスク賞受賞】

ChuSingura46+1 -忠臣蔵46+1- 武士の鼓動 (A samurai’s beat)【萌えゲーアワード2014 ファンディスク賞受賞】

非常に良い これも面白い!

ファンディスクとしてはとてもボリュームのある作品でした!

エロ要素はそこまでなかったと思います。

その分ストーリーが良いのとファンディスクにしてはとてもボリュームの

ある作品!

前作をやったのなら、この作品もやってください!

おススメです!

ただ、新選組についてはちょっと殺伐としてたかな?

まぁ2017年度に発売される

幕末 尽忠報国烈士伝 「MIBURO」

に期待です!!

ChuSingura46+1 -忠臣蔵46+1- 武士の鼓動 (A samurai’s beat)【萌えゲーアワード2014 ファンディスク賞受賞】

ChuSingura46+1 -忠臣蔵46+1- 武士の鼓動 (A samurai’s beat)【萌えゲーアワード2014 ファンディスク賞受賞】

悪い [ネタばれ] うーん

評価うんぬんの前に、

前作をプレイしていないと

展開の魅力が半減すると思われるので、

購入の際は注意してください。

1 赤穂浪士はちゃんと自刃したことにしてた気がするが、何故それで歴史が歪んだのか謎。

何故幕末に飛んだのか意味不明。

2 赤穂浪士を生かすことで坂本龍馬が歴史全面に出なくなる経緯不明。

3 特段坂本龍馬的干渉しないでも史実通り同盟に進む軽薄な薩長間の怨恨。

4 歴史の歪みと、桂小五郎をことさら守らなければならない関係性が謎。

元々この人狙われているとおもふ。

パッと思いつく限り、自分のプレイした限りでは、

上記のイミフ部分の回収がされなかった気がするし、

単に新撰組を出したいがための手抜きが散見される。

何より、見方によっては新撰組がクズの集団。

これが一番気に入らない。

赤穂浪士なんぞよりずっとずっと、

魅力も主人公性も知名度も戦力も歴史的意義も強い集団だろうに、

戦わなければならない理由を作りたいがために、

クズを演じさせられている。

(もちろん魅力を伝える演出は多くありますよ)

ゲームだから仕方ないとしても、清水一学一人に翻弄された程度の集団が、

どうやって一人の戦死者も出さずに新撰組を片付けられるのかと。

たかだか1年の特訓で無為無策に斬られていく新撰組の弱さ。

ありえません。

そして、新撰組撃退とかw

赤穂浪士に一人の犠牲も強いられず、新撰組は全員無力化(殺されなかった)

されていますが、新撰組は、その屈辱的な結末を受け、

本来なら全員自刃すると思いますwww

新撰組の戒律違反ですから。

士道違反は。

おそらく自刃しなかったであろう新撰組像のため完全に腐ってます。

自刃したらしたで、

これほど大きい歴史的齟齬を作りかねない所行もないとおもひますw

単に忠義の見本となっただけの赤穂浪士ごときの死活とか比になりませんね。

あとは、超個人的には、

奥野さんエンドがないことで強く落胆を覚えた。

(ないですよね?)

奥野さんの性格とビジュアルが好みなので、

「あるわけねぇだろ」という意見はお許しを。

シナリオとしては、上記のとおり穴だらけで粗が目立ちますが、

歴史や人物をめぐる背景や、当時の豆知識的な記述も多く、

歴史からのアプローチに弱い方は、

それなりに楽しめる内容ではないでしょうか。

ChuSingura46+1 -忠臣蔵46+1- 武士の鼓動 (A samurai’s beat)【萌えゲーアワード2014 ファンディスク賞受賞】

ChuSingura46+1 -忠臣蔵46+1- 武士の鼓動 (A samurai’s beat)【萌えゲーアワード2014 ファンディスク賞受賞】

良い 素晴らしい!

内容も面白く、絵もきれい、そして殺陣の展開、そしてBGMも熱い

文句なしといいたい作品だが、唯一惜しいといいたくなるのが、

殺陣の展開は面白いけど、どうも立ち絵を無理やり剣劇のモーションに使っているため紙人形劇みたいな安っぽさが出てしまう。

そこを除けばシナリオ、CG、BGM、文句のつけようはないとおもいます

ChuSingura46+1 -忠臣蔵46+1- 武士の鼓動 (A samurai’s beat)【萌えゲーアワード2014 ファンディスク賞受賞】

ChuSingura46+1 -忠臣蔵46+1- 武士の鼓動 (A samurai’s beat)【萌えゲーアワード2014 ファンディスク賞受賞】

普通 [ネタばれ] えー!?無印も最後の話が無理していると言われているがそれ以上の

何だろうね。

これじゃない感がありまくる。

評価は人それぞれだけど自分は不満を抱きましたね。

わざわざ幕末の話を付け加えずに島でのほのぼのとした話をハッピーエンドで見たかった感があります。

幕末編の話は無印より盛り上がりに欠けてしまっているように見えました。

島での生活中に過去話として幕末編の話を出してくるならもう少し盛り上がるように組み込んでほしかったです。

そして最後の最後に主人公が元の世界に戻ってしまうのが悲しいです。

物語としては最終的に主人公が未来に帰らないといけないのはわかるがヒロインを置いて帰ってしまうのは残念な終わりかただと思います。

Hシーンに関しては相変わらずなくていいのではレベルです。

Hシーンを入れるならもう少しちゃんとした出来にしてほしい、そしてせっかくサブキャラクターにHシーンを入れるなら一回だけでなく複数回用意しつつ各エピソードを用意してほしかった。

かゆいところに手が届かない作品でした。

無印が好きであるなら買っても損は無いかなー?中古ならいいかもしれません

ChuSingura46+1 -忠臣蔵46+1- 武士の鼓動 (A samurai’s beat)【萌えゲーアワード2014 ファンディスク賞受賞】

ChuSingura46+1 -忠臣蔵46+1- 武士の鼓動 (A samurai’s beat)【萌えゲーアワード2014 ファンディスク賞受賞】

非常に良い 続編を絶対出して欲しい!

エンディングが納得いかなかったが面白い!

続編が出ることを期待して☆5.

ChuSingura46+1 -忠臣蔵46+1- 武士の鼓動 (A samurai’s beat)【萌えゲーアワード2014 ファンディスク賞受賞】

ChuSingura46+1 -忠臣蔵46+1- 武士の鼓動 (A samurai’s beat)【萌えゲーアワード2014 ファンディスク賞受賞】

非常に良い 44時間

予約していたので、発売日には手元に届いたものの、

「やり始めたら日常生活に支障がでるだろうな~」

と思いなかなかプレイできなかったのですが、有給取れたのでやっとこさプレイできました。

案の上、支障でまくりの乱れまくりで44時間かけクリア。

まあ、内容は他のかたも書いているので詳しくは書きませんが、それくらい面白い内容でした。

メーカー様、幕末のキャラクターは、次回作で是非お願いします。

次はVita版か~

ChuSingura46+1 -忠臣蔵46+1- 武士の鼓動 (A samurai’s beat)【萌えゲーアワード2014 ファンディスク賞受賞】

ChuSingura46+1 -忠臣蔵46+1- 武士の鼓動 (A samurai’s beat)【萌えゲーアワード2014 ファンディスク賞受賞】

普通 [ネタばれ] FDとしては無理してる。

 前作が物凄く面白く「普通のファンディスクじゃない凄いものを造ろう」というメーカーさんの意気込みは伝わってくるし、確かに凄いとも思うけど、忠臣蔵の途中に幕末を挟むのは無理しすぎという印象。

 幕末の激動と英雄の多さは誰でも知っていると思うけど、それを、何かの物語の間に挟もうとすれば、幕末の内容もキャラも中途半端になってしまうのも当然。

 その無理が祟ったか、主人公と赤穂浪士の永久の別れという、大事なエンディングがアッサリしたものになっている。

 もし、帰った主人公が、幕末へ再びタイムスリップする作品を造ろうとか考えてるなら、今回、良いキャラ紹介と時代背景の説明になったと思うのだが、考え過ぎか。

ChuSingura46+1 -忠臣蔵46+1- 武士の鼓動 (A samurai’s beat)【萌えゲーアワード2014 ファンディスク賞受賞】

ChuSingura46+1 -忠臣蔵46+1- 武士の鼓動 (A samurai’s beat)【萌えゲーアワード2014 ファンディスク賞受賞】

非常に良い [ネタばれ] 前作プレイは必須の内容

タイトル通り、前作のプレイ無くしては

何が何だかわからないとなる。

ですが個人的にはFDなのだからわからなくて当然とも思える。

むしろFDだけでもと狙って作ってる作品よりは好感をもてる作品です。

私は前作をやってから忠臣蔵に興味を持ち、実際の名所にも行ってみました。

キャラが気に入ってるのもありますが、それ以上にストーリーに魅了される所があったと感じます。

ただ一つ不満があるとすれば、ラストが主人公とのハッピーEDとは言い難いという所です。

ある点で見ればハッピーEDかもしれませんが、自分が見たかったハッピーEDでは無かったです。

もう一押しほしかったってのが本音。

やるならば必ず前作をプレイしてからする事

FDのみのプレイならやらない方がオススメ。

理由は『作品の良さが伝わらない』から・・です。

次回作もあれば期待しております。

ChuSingura46+1 -忠臣蔵46+1- 武士の鼓動 (A samurai’s beat)【萌えゲーアワード2014 ファンディスク賞受賞】

ChuSingura46+1 -忠臣蔵46+1- 武士の鼓動 (A samurai’s beat)【萌えゲーアワード2014 ファンディスク賞受賞】

非常に良い FDとは思えないボリュームと完成度

まず前作をプレイしていないと話が全く分かりません。

ストーリーは、前作の最終決戦前の空白の期間に主人公達が何をしていたのかというものです。

なぜか幕末にタイムスリップしてしまい、歴史の波に翻弄されていきます。

前作以上の熱いバトル演出や笑えるシーン、悲しい別れ、赤いものが飛び散るシーンなど最後までまったく飽きることは無くクリックする手が止まりませんでした。

4人のヒロインを攻略後、おまけの山吉新八郎ルートが解放されます。

おまけといっても結構長いストーリーで、前作で新八が好きだった人は間違いなく満足できると思います。

私もこのルートで新八が大好きになりました。

前作が好きだった人、特に山吉新八郎が好きな人は購入して損はないと思います。

ただ、エンディングはどのルートも前向きではあるものの切ないさが残ります。

できればさらなる続編も期待したいところです。

最後に…主税は至高のヒロインです!!

ChuSingura46+1 -忠臣蔵46+1- 武士の鼓動 (A samurai’s beat)【萌えゲーアワード2014 ファンディスク賞受賞】

ChuSingura46+1 -忠臣蔵46+1- 武士の鼓動 (A samurai’s beat)【萌えゲーアワード2014 ファンディスク賞受賞】

悪い 帯に短し襷に長し

続編として遊ぶなら盛り上がりに欠けボリューム不足

FDとして遊ぶならストーリーに傾倒し過ぎて消化不良

そんな作品でしたね

あと一学ファンとしてはアナザーストーリーもなくエロシーンも一つのみなのも不満でした

人気投票を反映して新八のアナザー追加ならメイヒロイン並に人気(少なくとも右衛門七より)の一学さんもあって良かったのではないかなと

なので一学さん目的で買うのはおすすめしません

あと少ししか登場しないサブキャラに至るまで立ち絵を用意しているのはすごいけど、その分だけエロCGを削っている印象でこれも自己満足のように感じでマイナス評価です

まあ次は頑張ろう!おう!

ChuSingura46+1 -忠臣蔵46+1- 武士の鼓動 (A samurai’s beat)【萌えゲーアワード2014 ファンディスク賞受賞】

ChuSingura46+1 -忠臣蔵46+1- 武士の鼓動 (A samurai’s beat)【萌えゲーアワード2014 ファンディスク賞受賞】

良い [ネタばれ] それでもやっぱり面白い

マイエンジェル小平太は出てこないし、密かにアナザーで期待してた浅右衛門も出てこない。

極めつけは小五郎エンドも無いとか・・・

一エンドも欲しかった。

そーいう意味ではガッカリだし物足りない。

これはまたFD作るしか無いですねぇ・・

ChuSingura46+1 -忠臣蔵46+1- 武士の鼓動 (A samurai’s beat)【萌えゲーアワード2014 ファンディスク賞受賞】

ChuSingura46+1 -忠臣蔵46+1- 武士の鼓動 (A samurai’s beat)【萌えゲーアワード2014 ファンディスク賞受賞】

非常に良い [ネタばれ] FD

前作やってないとわけわかりません。

前回、何度も辛い目にあった主人公が今回はハーレムです。

と言っても今回もいろいろまきこまれていくんですが、、、

忠臣蔵なのに新撰組がでてきます。

残念ながら攻略できませんが。

新キャラの桂と高杉がよかったです!

あと、主人公は当たり前ですが、元の時代に帰ります。

それがやっぱり悲しいですね、、

前作おもしろいと思った方は絶対買った方がいいです。

新八好きな人もうれしい内容だと思います。

hシーンがすごいです!www    ヌルヌル!!

ChuSingura46+1 -忠臣蔵46+1- 武士の鼓動 (A samurai’s beat)【萌えゲーアワード2014 ファンディスク賞受賞】

ChuSingura46+1 -忠臣蔵46+1- 武士の鼓動 (A samurai’s beat)【萌えゲーアワード2014 ファンディスク賞受賞】

非常に良い [ネタばれ] ファンにはうれしい

他の方も書いてますが、前作プレイが必須ですね。

相変わらず江戸時代の背景をよく研究された話となっています。

EDにハーレムEDが無かったり、幕末キャラと主人公の絡みが無いのが寂しいですね。

アナザーストーリーで良いので、その辺も作ってほしいところです。

ChuSingura46+1 -忠臣蔵46+1- 武士の鼓動 (A samurai’s beat)【萌えゲーアワード2014 ファンディスク賞受賞】

ChuSingura46+1 -忠臣蔵46+1- 武士の鼓動 (A samurai’s beat)【萌えゲーアワード2014 ファンディスク賞受賞】

良い [ネタばれ] ファンディスク

本編の最終決戦直前に起こった出来事のお話なので

本編未プレイの人はストーリーが分けわからんと思う

完全にファン向け

システム面が使いづらくて不便、もうちょい細かい設定できるようにしてほしかった。

ファンディスクにしてはエロ成分は抑え目

メイン・サブヒロインとラブラブ展開

メインヒロインが各2シーン、サブヒロインが各1シーン

今回もEDが丁寧にもメインヒロインにそれぞれ用意されてる

高田馬場の決闘とか本編で詳しく語られなかった話もあったり

新選組が倒幕派側から見た新選組なので外道畜生集団に描かれてるが中々面白い

ChuSingura46+1 -忠臣蔵46+1- 武士の鼓動 (A samurai’s beat)【萌えゲーアワード2014 ファンディスク賞受賞】

ChuSingura46+1 -忠臣蔵46+1- 武士の鼓動 (A samurai’s beat)【萌えゲーアワード2014 ファンディスク賞受賞】

良い [ネタばれ] 前作と比べるとなぁ

注意点としては前作プレイが必須です

そうしないと内容がわかりませんのでこのソフトをやる前に前作をやりましょう

内容は正直に言うと期待外れ(期待が大きすぎたのですが)

以下ネタバレです

まず、パッケージの新選組が完全に当て馬です。

パッケージでこんなに推してるのに、小物感しかありません

プレイ後に前作の様に別ルートで主人公が新選組側目線のルートがあるかと思ったらそれも無し

今回の新撰組に対する感想は、前作がご城代ルートのみで終わっていた場合の、安兵衛か一学に対する目線が近いです

それからEDがかなり不満です

お馬鹿ルートでもいいから直刃が残るルートがあって欲しかった

ヒロインが記憶を思い出す所からしてご都合主義なんだから、エンディングもご都合主義で良かったと思います

以上の点以外は総じて満足です

別メーカーの真恋の様にこのFDに対するFDで新選組の方に直刃がタイムスリップするルートが見たいです

ChuSingura46+1 -忠臣蔵46+1- 武士の鼓動 (A samurai’s beat)【萌えゲーアワード2014 ファンディスク賞受賞】

ChuSingura46+1 -忠臣蔵46+1- 武士の鼓動 (A samurai’s beat)【萌えゲーアワード2014 ファンディスク賞受賞】

非常に良い [ネタばれ] 前作とはうってかわってのハーレム

前作未プレイの方はまず前作をしましょう。

でないと話が全く見えてこないと思います。

今作は、前作のラストから始まり

それに五度目のループで吉良家に討ち入りを果たした後の

赤穂浪士の動向を挿入していく形で物語が進行していきます。

さらに過去にループした際の記憶がない

内蔵助、主税、安兵衛の三人に内匠頭が記憶を授け

主人公は誰と結ばれるのか?

というところに収束していきます。

またある事情で他の赤穂浪士の面々とも一夜を共にします。

あと、ヒロイン勢とのHシーンはぬるぬる動きます。

ただ残念なのは、新キャラとのそういう馴れ初めが皆無という点。

魅力あふれるキャラとそういう展開にならなかったのは非常に惜しい。

シナリオはやはり秀逸。

本当によくできている。

立ち絵も場面に沿ったものを用意しており全く飽きない。

ちなみに個別エンドはヒロイン4名、一学、新八(アフター)

最後に主税かわいいよ、主税。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ws004947 ダイレクト特集ページ用バナー(ダウンロード版)

バニラ WHITE BEAR ディスカバリー 37℃

アダルトアニメ動画