新作チェック & ここだけの限定作品のチェックは!
美少女ゲーム 同人アダルトアニメ動画 50%offもあるぞ!

スマホ・PCで遊ぶには ⇒無料美少女ゲーム一挙に60ゲーム!で遊べます。

そして明日の世界より―― 美少女ゲーム レビュー・口コミ

そして明日の世界より――

そして明日の世界より――

非常に良い 最高

BGMも背景もサブキャラも高水準。

シナリオも良かった。

ただし、美波ルート以外の個別ルートはやらない方がいい。

美波ルート→ノーマル→afterの順番で攻略することをお勧めします。

そして明日の世界より――

そして明日の世界より――

非常に良い 史上最良の泣きゲー

グランドルートの感動。

これ以上はどこにもない。

爽やかで、温かくて、愛おしい。

俺たちは、ここにいる。

そして明日の世界より――

そして明日の世界より――

非常に良い 「ノベルゲーム」の真骨頂

内容については様々な方が批評を書かれているので私は単純なこのゲームのすごさについて書きます。

このゲームのような形式を「ノベルゲーム」といいますが、世の中ノベルゲームは「電子紙芝居」だ「一行しか表示されない小説」だと揶揄されています。

しかしノベルゲームは本来、どの作品形態よりも多くの可能性を秘めることができるものなのです。

視聴者(プレイヤー)の好みのスピードで読むことができ、シナリオにイラストや音楽・ボイスが融合し独特の世界観作り上げる。

ノベルゲームのすばらしさ、それを体現したのが明日せかと言ってもいいでしょう。

美麗なイラスト、壮大なBGM、そして繊細なシナリオ。

特にノーマルルートの海辺での青葉の告白シーンは、視覚・聴覚を刺激しプレイヤーをゲームの中へと引き込む、まさにノベルゲームの真骨頂を具現化したものといえるでしょう。

「ノベルゲーム・泣きげー」をやったことのない初心者やどばっと泣きたい疲労者に是非ともおすすめしたい傑作です。

そして明日の世界より――

そして明日の世界より――

非常に良い 終末モノに抵抗がなければ、絶対にオススメできる作品!

このジャンル自体に抵抗がない事、が前提にはなりますが、

イラスト・シナリオ・音楽、全て高水準。

どこにも不足要素はないです。

イラストの観点でいうと、イベントCG一枚一枚の構図や、デザインの一つをとってもこだわりと丁寧さが見られます。

特に空と海の青の表現、それを活かす構成は秀逸で、作品にぐっと引き込まれました。

シナリオについて文句なしで最高レベルだと思います。

会話テンポ、キャラ毎の難しい心情の表現などに加え、シーン構成などにも気を使われているのか、日常の和やかなシーンとシリアスなシーンの按配も良く一切中だるみを感じませんでした。

各ヒロイン毎に明確なテーマがあり、それを主人公とヒロインが主観と客観それぞれの立場を行き来することで、テーマの深堀を成功させています。

この手法を思いついたこと、実践し成功させている事については、ただひたすらに感心しました。

前提はありますが、間違いなくオススメできる作品です!

そして明日の世界より――

そして明日の世界より――

非常に良い 名作中の名作

「巨大隕石で世界が終わる。

さて、どうしよう・・・」という物語。

これだけ聞くとハリウッド映画を思い浮かべてしまうが、そういった作品ではない。

登場人物たちは正真正銘の一般人であり、隕石をどうこうする手段も、機会もない。

彼らが悩むのは、どうやって世界を救うかではなく、どうやって受け入れるか。

終わりに向かう世界の中で、不特定の「人々」ではなく、特定の「家族、友人」の様子が静かに描かれます。

まるで自分もその一員であるかのように引き込まれ、考えさせられました。

年に一度はプレイしていますが、何度プレイしても泣かされます。

また、一度はシーン鑑賞モードを開いてみることをお薦めします。

キャラ選択画面の背景は、一体いつの風景なのか、何を見つめているのか、どんな気持ちで、どうしてあんな表情なのか。

クリア直後にあのCGを見ながら想像すると、涙が止まりません。

そして明日の世界より――

そして明日の世界より――

非常に良い [ネタばれ] 感動の一言で表現できない

「―この地球に3ヵ月後、小惑星が衝突し、世界は終焉する」

それに対して主人公たちとその周りの人はどうするのか?という感じです

大きな展開が待っているというよりも「日常」をどう過ごすかといのが見所

あまりのシナリオの良さに、泣きゲーを超えた感動が伝わりました

当時はこのゲーム買うときすごい値段でした

そして明日の世界より――

そして明日の世界より――

非常に良い [ネタばれ] 世界は終わる。

それでも、生きる。

小さな島で平穏な日々を過ごしていた少年少女たちのお話。

彼らの前には未来があって、それを当然のように享受していた。

それなのに、唐突に彼らにあったはずの未来は消える。

残り三か月、彼らが抱いていた将来への展望を壊して、どうしようもない終わりが告げられた。

彼らはどうしたってその未来を受け入れるしかない。

RPGのように誰かを倒せば世界を救えるなんてこともない。

彼らも、彼らの周りの大人たちも、滅びを受け入れるしかない。

人々は戸惑いながら、怯えながら、周りにあった当たり前の日常が崩れていく様を眺めることしかできない。

本当にそうだろうか。

彼らは世界が滅ぶと知ってなお、それでもまっすぐに生きようとした。

いつも通りの毎日を。

いつも以上に大切な日々を。

彼らの選択が正しいのか間違っているのか、彼らは強いのか弱いのか、私にはわからない。

それでも、彼のようにまっすぐでありたい。

そう思わされた。

要約する。

これ、面白いよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ws004947 ダイレクト特集ページ用バナー(ダウンロード版)

バニラ WHITE BEAR ディスカバリー 37℃

アダルトアニメ動画