新作チェック & ここだけの限定作品のチェックは!
美少女ゲーム 同人アダルトアニメ動画 50%offもあるぞ!

スマホ・PCで遊ぶには ⇒無料美少女ゲーム一挙に60ゲーム!で遊べます。

ONE ~輝く季節へ~ 美少女ゲーム レビュー・口コミ

ONE ~輝く季節へ~

ONE ~輝く季節へ~

非常に良い [ネタばれ] あまりにも文学的な不条理恋愛アドベンチャーの金字塔

 売れ筋を作ろうと「To Heart」のような作品を目指して作ったらしいが、どこをどう間違えたのか、まるでカフカを読んでいるかのような不条理作品になった。

それを承知で付き合うなら、ほとんど奇跡的な完成度の名作。

 だが、スラップスティックなギャグが冴える前半の楽しさに騙されて、普通の学園物ギャルゲーだと思っていると、あまりに不条理な終盤にあ然とするよりないだろう。

特に一番最初に攻略対象となるであろうメインヒロインのシナリオは、プレイヤーに自己嫌悪すら感じさせる、あり得ない選択肢を選ぶことを要求する。

 つまるところ、全てはこの世から消えてしまう宿命を背負った主人公の都合によってヒロインたちは翻弄され、おまけに彼女たちとの絆の強さによってのみ復活すると言う、完璧に主人公の自己完結した世界の話に過ぎないのだ。

もしも合理的な説明をするならば、攻略対象のヒロインは皆自分勝手な主人公に精神的に傷付けられる事に歓びを覚えるマゾ女性としか考えられないだろう。

 結局この不条理さに耐えられないであろう多くの人には決して勧められる代物ではない。

又、性交渉場面の描かれる18禁作品で、通常タブーであろう障害者や低年齢女性を多くヒロインとしているのも蛮勇だと思う。

 こんなある意味メチャクチャな作品であるにも関わらず、音楽などの叙情的な演出は素晴らしく、作品世界に入り込んでしまえば主人公消失の音楽を聴いただけで感無量となってしまう。

全てのギャルゲー好きな人に一度はプレーして欲しいとも思う。

その結果胸糞が悪くなっても責任は取らないが。

ONE ~輝く季節へ~

ONE ~輝く季節へ~

良い 名作の第一作目。

 絵を見れば判ると思うけど、「カノン」「エアー」「クラナド」を造ったスタップの作品。

(メーカーは当時違うけど)

 他にもムーンとかもあったけど、事実上、名作と呼ばれる作品の一作目と思って良い。

 しかし、相変わらず好き嫌いが分かれるのは、他の作品と同じ。

 ノリや内容、流れやキャラなど、「カノン」「エアー」「クラナド」が好きなら、間違いなく、この作品も楽しめる。

 個人的な事を言わせてもらえば、ヒロインのシナリオ以外は、皆良かった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ws004947 ダイレクト特集ページ用バナー(ダウンロード版)

バニラ WHITE BEAR ディスカバリー 37℃

アダルトアニメ動画